Contents

PR

更新履歴

2014.7.1 サイト開設

ビジネスマナーを身につける

ビジネスマナーを身につけるのは社会人として始めの仕事と言えるでしょう。また、ビジネスの場では様々なビジネスマナーがいたるところで要求されますので、社会人になったときだけではなく、社会人になってからもいろいろなビジネスマナーを学ぶ必要があります。
ビジネスマナーを知らなくても仕事ができればいい、またはビジネスマナーを使う場面が無い、などの意見もありますが、ビジネスの場というのはいつ発生するか予測できません。
プライベートで出かけていてもふいにビジネスマナーを要求されることもあるかもしれないのです。

会社に勤めることは会社を一歩出たら会社の顔にもなりますから、社員一人がビジネスマナーが悪いと判断されればその社員の勤める会社に対しても悪い印象を持たれてしまいます。
それでは会社にとってとても大きなマイナスとなってしましますので、社員一人一人が正しいビジネスマナーを身につけておくことが会社にとってもとても素晴らしい事なのです。

言葉遣いのビジネスマナー

言葉遣いのビジネスマナーについて、社会人になるとプライベートと仕事と使い分けなくてはなりません。名刺交換のように行動するものではなく、しゃべるマナーなので地が出やすくミスも多くなります。
ビジネスマナーの基本として、上司や先輩だけでなく取引先と話をするときはもちろん敬語を使います。敬語には丁寧語、尊敬語、謙譲語という三つの種類があり、それぞれの用法を間違えずに上手く使えるよう練習しなくてはなりません。
これらの中で比較的簡単な部類と思われる丁寧語でも、まったく使ったことが無い方にとっては案外難しく感じるかもしれません。敬語は言葉の流れ、状況に応じて正しい用法が変化する場合もありますので注意しましょう。

敬語、尊敬語、謙譲語とありますが、ここでは良く使う機会の多い敬語について紹介します。紹介した三つの言葉遣いの中でも比較的覚えやすく、使いやすいのが敬語です。
基本は単語の頭に「お○○○」や「ご○○○」を付けて、文の最後に「~です」、「~ます」を使うことです。
学生の時に部活などで敬語を使ったことがある方は特に難しいものではないかもしれません。言葉使いのマナーで一番気を付けたいことは、相手に対する気遣い、思いやりの気持ちをもって接することです。変な言葉使いになってしまっても、相手への気持ちが伝わればわかってくれます。