Contents

PR

  • 社労士に人事労務を依頼するなら大阪市中央区の上村経営法務事務所 大阪市中央区で人事労務を依頼するなら上村経営法務事務所まで
  • 税理士大阪 大阪の税理士、辻ノ会計事務所代表の辻ノ孝志です。
  • 更新履歴

    2014.7.1 サイト開設

    女性社員教育1

    最近では、女性が会社の第一線で働いているのは珍しくありません。元気にバリバリ働いていて男性社員よりも優秀な女性社員ももちろんいます。
    一昔前では女性は会社の受付だったり事務や秘書などで働いていましたが、第一線で活躍する社員も増えています。もちろん会社では男女平等です。女性だから仕事の量を減らしたり増やしたりなんかはもってのほかです。そんな女性社員に必要な研修ってあるのでしょうか?

    女性も多く活躍している会社において、男性社員も女性社員も扱いは平等です。仕事の内容だってもちろんそうです。
    ですが、いくら平等と言ってもやはり女性社員の扱い方ってちょっと不安だったりします。それは女性社員自身が感じることもあれば、女性社員を抱える経営者や同じグループて働く社員が感じていたり。女性社員としての周囲との接し方、女性社員への接し方について学びたいという方も少なくないでしょう。
    どちらの立場であっても、女性社員が生き生きと元気良く仕事ができる素晴らしい環境の会社にしたいと考えることは共通していることでしょう。そのために、女性社員の研修を行い、女性社員が安心して仕事に取り組むことができる、本当の意味での平等の社員に対する扱い方を学びましょう。

    女性社員教育2

    女性社員の抱える不安、女性社員に対する不安というのはその多くがセクハラやパワハラなどのトラブルに対しての懸念があるからだと思います。
    毎年と言ってもいいほど会社内で女性社員に対するセクハラやパワハラ行為があったとニュースなどで取り上げられています。そのようなトラブルが頻繁に見かけるようになっていますので、どちらの立場にとっても不安を抱えているものです。
    特に今まで女性社員が働いていない職場で新しく女性社員を雇うという場合では、女性社員に対する扱いを研修を通して理解しておいた方が良いと思います。
    女性を不快にさせないような接し方や女性社員が仕事しやすい環境の作り方などをあらかじめ知っておくことで心構えや環境を準備できます。

    女性社員にとっても、会社における周囲への接し方を知っておくのは大切だと思います。会社で自分にとって気持ちよく働くということは気持ちの面でも前向きになることが大切です。
    周囲への接し方に対して不安な気持ちを抱えたまま仕事するのは、女性社員にとっても、周囲の社員にとっても、会社内の環境にとっても良いことではありません。
    改善できるものはなるべく改善して、女性でも仕事が前向きに気持ちよく取り組めるための研修が女性社員の研修です。