Contents

PR

  • 渋谷 賃貸事務所 渋谷の賃貸事務所のことならお任せ下さい
  • 更新履歴

    2014.7.1 サイト開設

    職種別研修

    職業内容が変わると、仕事内容や方法も変わります。調理師にWordや、Excelの社員研修を施すよりも、料理や接客などの方法を教えたほうが内容的に合っていますよね。
    Wordを覚えることは決して無駄ではないと思いますが、効率の悪い方法な気がしますし、新入社員も研修の内容の意味が分からないと思います。
    そのため職種にあった研修内容や方法の社員研修のが必要になってきます。職種別の研修なので、その分野の能力を引き出すことも出来ますし、自分に合った職業かを気付くことも出来ます。また、研修の方法次第では新しい発見をする事も出来るのです。

    インストラクターの研修

    スポーツインストラクターは接客業になります。そのため、インストラクターの研修の前に、ビジネスマナーなど接客の方法を学びます。
    その後の研修内容として、ストレッチや、フィットネス、またマシンを使ったトレーニング方法などインストラクターの基本を学んでいくようです。
    子供向けの指導や、高齢者向け、アスリート向けなどいろいろあり、ただスポーツ、トレーニングを教えるだけではなく、その人に効果的なトレーニング、体力に合わせたトレーニング方法を考えるのもスポーツインストラクターの仕事です。
    またリハビリや、メンタル面を鍛えたり支えたり、体力だけではなく内面までもサポートしなくてはいけません。ですので、スポーツインストラクターの研修内容は基礎から色々学んでいくのです。

    学校の先生の研修

    アナタが学生の時、学校に研修として新任教師など来ませんでしたか?この研修では、先輩の先生の授業風景を観察したり、実際に自分が教壇に立ち授業を進めたり実践的な内容となっています。
    学校の先生は、多くの時間を子供たちと過ごします。勉強を教えるだけだはなく子供たちとのコミュニケーションもとり、信頼関係も築きあげなければいけません。その他にも、保護者とのコミュニケーションなど、たくさんの人と接します。
    今では「モンスターペアレント」という親が増えてきていて、教員になるには研修でたくさんの事を学ぶ必要があります。