Contents

PR

  • ベトナム技能実習の求人ならお任せ 関西での外国人の求人専門業者です
  • ブースター美容液 ブースター美容液で、美しくなろう
  • 更新履歴

    2014.7.1 サイト開設

    指導者を選ぶ

    社員教育をするには、指導者がいなくては始まりません。この指導方法で、社員の教育効果は差が出てくることもあるので、指導者を選ぶことも重要になってきます。では、どのような指導方法があるのか気になりますよね。
    会社の上司の場合新入社員のビジネスマナーを教えることが多く、会社の経営方針・企業理念など会社のノウハウを教えてくれます。上司とのふれあいの場でもあります。費用も掛かりません。 講師に頼むこともあります。講師は専門的な知識を持っているので、その分野の指導・効率のいい教育を施してくれます。
    しかし、会社のノウハウなどを知らないので、その学んだ事を発揮するのは多少時間がかかってしまいます。人気講師に頼むのもいいですが、人気講師は費用が高くなります。

    社員教育を委託する

    社員教育を委託する方法があります。社員教育を施している時間が無いときや専門的な知識が欲しいときは社員教育する指導者を委託する会社が多くなっています。
    委託する先は大手教育機関のほか、個人コンサルタント、専門業者など様々です。全てのプログラムを頼んだり、一部の講座を頼んだり出来ます。
    教育内容や、教育時間で受講費用は変わってきますが人気講師の場合は受講費は高くなります。
    社員教育を委託する時、何を重視して選びますか?経験の多い講師?予算?どれも大切ですよね。悪徳な講師も中にはいます。
    社員教育という大切な場面なので、きちんとした講師が良いですよね。失敗しないためにも、何人か候補をあげるなどして選びましょう。