Contents

PR

  • 大阪で放課後デイサービスを探す わくわくエジソンは子どもの可能性を伸ばします
  • 更新履歴

    2014.7.1 サイト開設

    営業研修

    営業とは会社の利益に直結する仕事であり、会社が請ける仕事の契約を取るという重要なポジションです。請ける仕事がなけければ会社にとっての利益を生み出すことができないため、営業者が背負っている責任は考えている以上に重いものとなります。
    どれだけ優れた商品やサービスを提供していたとしても、それらを魅力ある商品・サービスとして購入してくれる、利用してくれる相手がいないければ商売になりません。
    自社の商品を一生懸命アピールして利用してもらうようにすることが営業の仕事であり、営業の社員はそのためのノウハウを身につける必要があるのです。
    営業社員の持つ力を更にアップさせるために営業研修が行われていますが、そもそも営業の仕事に求められるものとは一体何なのか。このページでは営業という仕事の内容と求められるスキルについてご説明します。

    営業の仕事とは会社にとって利益となるように仕事の契約を取ってくることです。そのためにはお客様となる消費者だったり会社などへ訪問して自分たちの商品の魅力をアピールしなければなりません。となると、まずは自分たちの商品について深く理解する必要があります。
    営業活動にとって重要なポイントとなるのが実際の訪問先においての売り込み。営業では実際に顧客を相手に契約の話を進めることになるため、優れたコミュニケーション能力が求められます。

    営業研修2

    一口にコミュニケーション能力と言っても営業研修では様々な研修を行います。笑顔の作り方や話し方、そして契約を取ってもらうための会話の応用力などです。
    さらに研修では、会話する際の自分の言動や行動に現れる癖や特徴の発見と把握をするように教えられます。
    もしこの癖・特徴が相手にとって不快なものだとすれば早期に修正を行う必要があるでしょう。コミニュケーションにおける癖や特徴はと無意識の言動や行動であるため、強く意識的しなければ修正することはできません。
    話し方だけでなく相手に良い印象を持ってもらうための表情作りについても学ぶことになりますが、どの笑顔が印象を良くするのか、どの笑顔が悪い印象を与えるのかについて分析し、実践できるように研修を行います。

    取引を行う相手は、その商品の魅力を知ろうとします。更にその商品を紹介する営業の社員も判断します。取引しても危険はないか安心できる相手かどうかはもちろん、この人の商品を利用したいとまで思わせるような営業力を持てるのが望ましいでしょう。
    営業社員は、相手にとって会社の代表として相手をしていますから、営業社員でその会社とはどういう会社なのかを判断します。素晴らしい会社だと思われる、思わせるために営業研修で営業力を磨いてみてはどうでしょうか?